水風船のこと

 アレキサンダープラッツで買い物をしている時にふと、こころはまるで水風船のようだな、ということを考えた。
 その水はいろいろな色彩が混濁していて、時にきれいで時にきたなく見えるような、そういうしろもので、満ちて膨らんだり、揮発して凋んだりを、呼吸のたびに繰り返しているのだろう。

 ベルリンは居心地がいい。ここから、参院選のあとでは、去年いた時よりも日本の病理が視える。そもそも濁りやすい質のこころが、純水を保つのに、その土壌では難しいんじゃないかとか、そんなことも考えている。
 ベルリンにいてもやはり、扱いの難しいものは厄介で、濁らせないように、破裂させないように保つのは苦労だ。だって呼吸のたびに実に多くの影響を受けるし。天気が変わっただけで一気に色づくこともある。呼吸のたびに水面に起こる波紋に、笑ったり泣いたりしながら生きていくなかで、その数が煩わしくなることもある。
 収縮を繰り返す水風船の中で、騒々しく揺れ続ける水面の上で、ひょっこりと枯枝のように突き出た脊椎が、華奢だ。実に心細い骸骨だ。

 アレキサンダープラッツで買ったエスプレッソマシンでコーヒーを淹れながら、飲みながら、水風船の中身にカフェインを混ぜながら、先日死んだ実家の猫のことを悼んでいる。眠気を誘う斜陽の中で、己の凡庸を呪ったりもする。好きな音楽を聴いてみると、眠れもしないまま日が傾いていく。

Company会社概要

デザイン
会社名
合同会社elegirl
代表
岡崎龍夫
所在地
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-26-28 原宿V2ビル 2F
資本金
1,000円

elegirl_

デザイン