SaaS/PaaS/IaaS の違いまとめ

SaaS (Software as a Servise)

クラウドにおいては今までソフトウェアだったサービスをインターネット上で共有することで、
サービスを提供しユーザーが利用できる。
Google Apps、Office Web Apps、Dropboxなど

・色々なデバイスからアクセスすることができる
・データをクラウドストレージに保存できる
・チームなど複数の人たちで管理、編集ができる

トレンド
近年のSaaSの動向として見受けられる特徴
・業界を問わず特定の部門や機能に特化したHorizontal SaaS(SaaS) 小売や飲食業界など特定の業界に特化
・より付加価値を高めるための動きとしてAPI連携やIoT連携による「エコシステムの構築」
・開発・ビジネス両面での「プラットフォーム化」、
・人工知能の活用

PaaS(Platform as a Service)

アプリケーションソフトが稼動するためのハード・OSなどのプラットフォーム一式を、インターネット上のサービスとして提供する形態。
ユーザにオンライン上でサービスを提供するSaaSの考え方をさらに深化させたものとなり、プラットフォームを大規模なデータセンターなどに用意して外部に開放し、主に企業などのユーザーが、その上にサービスを開発するものになっています。
開発者は、あるシステム設計に沿った方法でアプリケーションを開発できるので、コストを抑えてかつ早くシステム開発をおこなうことができる。
Google App Engine やMicrosoft Azureなど

IaaS(Infrastructure as a Service)

システムの稼動に必要な仮想サーバ、機材やネットワークなどのインフラを、インターネット上のサービスとして提供する形態。
これまでのホスティングサービスと言われるサービスと提供範囲の区分ではほぼ変わりません。
IaaSの最後の「サービス」という点になります。サーバを利用する際に必要なハードウェアのスペックやOSを、ユーザーが自分で自由に選定して、ネットワーク越しに利用することが可能。
Google Compute Engine や Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) など。