The end of company ジエン社第12回公演


2018年2月28日(水)~3月11日(日) 会場 BUoY

あなたは私の、ものなのですか。ものは私の、あなたなのですか。私のものは、だれかなのですか。

公演情報

脚本・演出 山本健介

出演
伊神忠聡
上村聡(遊園地再生事業団)
蒲池柚番
鶴田理紗(白昼夢)
寺内淳志
中野あき
湯口光穂(20歳の国)
善積元

会場: BUoY
2018年 2月28日(水)~3月11日(日)

長いあらすじ 

私達は彼らを「妖精さん」と呼んでいるのだけれど、それは正式名称ではなくて。

妖精さんはある時から、一人、また一人と、この世界に、この国に出現し始めた。今、この庭に仮住まいしている妖精さんは二体で、男女で、二人は兄妹らしい。詳しい事はよくわからない。でも、このまま妖精さんがこの街に住むのは、きっと難しいのではないかなと思う。
妖精さんは我々とコミュニケーションは取れるし、頭だっていい。きっと私たちの言っている事は伝わっている。意味としても言葉としても。でもそれでも、妖精さんたちは「所有」という事が、やっぱりわからないみたいで、万引きだったり、無断で人の物を持ち帰ってしまったり、冷蔵庫の中のおやつをパクパク食べたりしてしまう。
だから私は高校教師だった時の事を思い出しながら一つ一つ、まずは「所有」について、妖精さんたちに教えている。
「名前が書いてあれば」と男の妖精さんは言った。

「分かります。物に、名前がついているという事は、触ってはいけないという事が。なぜ触ってはいけないのかまでは、実はわかりません。すみません。でも、そういう文化なのだといわれたら、それは、そうか、私たちにとっては、聖域にある石と同じような存在なのでしょう。名前が書いてある物に関しては、わかりました、私たちは触らないようにします」

私は、触ってもいいんじゃないか、とは思った。名前が書いてある他人の持ち物に、触ることそのものが悪いのではない。他人の所有物を、尊重しないというか、尊重? 所有とは、尊重のことだろうか? たとえば今私が彼の着ている服を、同意なく脱がせて、奪い取って、持ち帰るのはおかしなことだ。いけない事だ。でも、彼の服に、からだに、私の手が触れる事、それは、そんなにいけない事なのだろうか。

「ハリツメさんには、名前が書かれていない場合の、“物の所有”の見分け方を教えてほしいのです。距離の要素が大きい事は、わかりました。手にしている、身につけている、というものほど、それは“所有”されているのだ、と。でも、時に手を離れて、距離が遠くなっているものも、“所有”されている、ということが、分かりません。物が身体から遠くなったら、それは所有ではないものではないのですか?」

そして妖精さんの彼は、私の体を触る。私は、嫌だ、と言わなくてはいけない。妖精さんは悪気なく、敬愛を込めて私の顔や、肩や、胸を触る。

「あなたには名前が書かれていない。あなたは、触ってはいけない、と言う。名前が書かれていないのに、触ってはいけないのは、なぜですか。」

触られながら私は、なぜだろう、なぜかしら、と考える。どう、教えたらいいだろう。
私の体は、私の物だという事。社会的には、もうあの人の物だという事。お嫁にもらわれた、ということ。もらわれた、という私は、物なのか。人ではないのか。人は、物なのか。あの人の物になって、他の誰にも触られてはいけない私が、いまこうして髪を触られている事は、どうしてよくない事なのか。私はそんな事、教えてもらわなかった。学んでこなかった。教えてほしい。知りたい、学びたい。

私は教師だったのに、何でこんなにわからないんだろう。

チケットご予約方法

シバイエンジン
シバイエンジンでご予約(当日精算)

演劇最強論-ing
演劇最強論-ingでご購入(事前精算)
※登録不要・手数料無料。

ローソンチケット
Lコード:33507
電話:0570-000-407(10:00̃〜20:00/オペレータ対応)
店頭:ローソン、ミニストップ店内Loppi

チケット

<日時指定・全席自由席>
前売・予約 一般:3000円
当日 一般:3500円
高校生(18歳以下)割引:1000円(要予約・身分証)
※当日、別途1ドリンク(500円)のご注文をお願いいたします。

スタッフ

音楽:しずくだうみ
舞台美術:泉真
舞台監督:吉成生子
照明:みなみあかり(ACoRD)
音響:田中亮大
衣装:正金彩
宣伝美術:岡崎龍夫(合同会社elegirl)
総務:吉田麻美
WEB:岡崎龍夫
写真:刑部準也
演出助手: 大塚健太郎(劇団あはひ)
制作:ジエン社、有上麻衣(青年団)
協力:ECHOES、合同会社elegirl、シバイエンジン、遊園地再生事業団、青年団、20歳の国、白昼夢、ACoRD、劇団あはひ
助成:公益財団法人 セゾン文化財団
芸術文化振興基金

お問い合わせ

Mail:jiensya@hotmail.co.jp

上演日程

2月
28日(水)19:30

3月
1日(木)19:30☆佐々木敦氏(批評家)
2日(金)19:30☆宮沢章夫氏(遊園地再生事業団)
3日(土)14:00/19:30
4日(日)14:00/19:30
5日(月)19:30
6日(火)19:30
7日(水)休演
8日(木)14:00/19:30
9日(金)19:30
10日(土)14:00/19:30
11日(日)15:00

☆の回終演後、ゲストと山本健介によるアフタートーク(劇後解説)を開催いたします。

※開場は開演の30分前/受付開始は開演の60分前

会場

BUoY
〒120-0036 東京都足立区千住仲町49−11(墨堤通り側入口)
東京メトロ千代田線・日比谷線/JR常磐線/東武スカイツリーライン
「北千住」駅出口1より徒歩6分、西口より徒歩8分


*会場には駐車場・駐輪場はございません。ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。

http://buoy.or.jp/