【フライヤー】anomie「例えば、それが不確かでも」

米屋の息子こと相澤くんからの依頼でフライヤー制作しました。

写真素材の用意されてる案件ということで、photoshopを駆使し、ああでもないこうでもないと試行錯誤の末に割とシンプルなところに着地した。着地に至るまでの右往左往で、photoshop技の引き出しはかなり増えた。「不確か」という言葉でゲシュタルト崩壊しそうなくらい不確かなことを考えていたら、夏の湿度、恋の感傷、光の寂滅、そういえば、そんな要素の似合う季節だ。

素材が非常に透明感のある写真だったので、ムーディでドリーミンなあの感じとか、自分が揮発してしまいそうなあの感じとか、透明にも混沌にも風景が見えるあの感じとかをいじっていじって上塗りで重ねていった結果、カメラマンさんの意図を逆手にとるような加工になったかもしれない。(ちょうどその時期大阪に滞在していた影響もあると思う。)

毎度毎度レイアウトの相談に乗ってくれるつや子、今回もありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です